• このエントリーをはてなブックマークに追加

Kickr Bikeを試乗してきた! リリース記事でわからなかったところはここ

うっきーです。外出自粛期間を機にZwiftを始めました。外を走りにくい環境でも室内で自転車に乗れる環境はなかなかありがたいですね。そんなインドア・サイクリング界隈で話題になってるKICKR BIKEに試乗してきました。

KICKR BIKEとは?

室内でアプリを使ったサイクリングが出来るスマートトレーナーです。↓こういうスマートトレーナーと違って、自転車をセットしなくても使えるのが一番のメリット。そのうえKICKR BIKEならコース上の勾配に合わせて車体が上下に傾くのがポイントです。

競合するTacxからもすでに発売されてますね。公式サイトやプレスリリース記事だけでは分からないところがあったので、試乗しに行ってきました!

どこで試乗できるか?

店頭で試乗出来る場所って2020年7月時点でまだ少なくて、全国でも数カ所のみです。Wahooの取り扱い店のなかでもほんの一部のようですね。 調べた限りで見つけたショップを載せておきます。

[東京・御茶ノ水] エルブレスバイク 御茶ノ水店

[大阪・梅田] シルベストサイクル (動画)

[名古屋] カミハギサイクル(名古屋)

[福岡] 正屋(本店) 

[仙台] ハヤサカサイクル仙台中央店

エルブレスバイク 御茶ノ水店で試乗してきた

関東ではどうもエルブレスバイク御茶ノ水店のみで試乗出来るようなので、行ってきました。
※試乗は電話予約が必要とのことですのでご注意ください。
伺った日は「他に予約が入ってないので、好きなだけ乗ってください!」ってことで夫婦で少し乗ってみました。

サイズは結構調整できる

本来はWahooのアプリをガイドに寸法出しするのですが、今回はメジャーで測って雑に調整してみました。フレームのあちこちが伸縮するので、ジムのエアロバイクと違ってロードバイクとしてのポジションをちゃんと調整できます。すべてクイックレバーで固定されてるので、バイクチェンジするよりも楽だと思います。
 スペック上の適用身長は152cm〜192cmです。153cmの妻のポジションが出せるか心配でしたが、一応問題はなさそうでした。

シートポストはたぶん汎用品を使用可!

家族で共用するときはサドルも変えたいところですね。KICKR BIKEに付属のシートポストは目盛りのついた面が平面になってるD断面ですが、特に回り止めはなさそうです。たぶん一般的なシートポストも使用可能だと思います。懸念がまた一つクリア!
 ついでに言うと、ハンドルバーとステムも一般的なものです。気に入らなかったら交換できそうです。

ステアリング機能は無し

ステアリングコラムもシートポストと同じく目盛り付きのD断面です。ただしこちらは回り止めがついているのか、左右に回転しないようになっています。Zwiftのテスト機能でステアリングが切れるダートコースがありますが、KICKR BIKEでは使用できないです。

42kgあるけど転がせる

重量が42kgもあるのですが、リア側にキャスターが2個ついているので、前側を持ち上げれば一人でも室内の移動くらいはできそうです。

とっても静かだけどモーター音は考慮が必要

 KICKRシリーズのスマートトレーナーは静粛性で定評がありますが、自転車をセットしないためチェーン音もなくなって更に静かです。ただしフライホイールの回転アシスト用モーターがついているので、漕ぎ出し時などはブオーンというモーター音がします。洗濯機より静か(そもそもモーターがそこまでデカくない)だけど、マンション住まいな場合は従来どおりマットを敷いて騒音対策したほうがいいでしょうね。

試乗したら当然欲しくなる

試乗してみた結果、リリース記事では分からないことが色々わかったので、興味がある方は試乗をおすすめします! 一番いいのなって思ったのは、静粛性ですね。どんなスマートトレーナーでも自転車使う以上はガチャガチャとチェーンの音がするじゃないですか。あれが無いのがとてもいいです。あと夫婦それぞれの自転車の交換しなくていいのもうれしい。

お値段は約49万円とそれなり(!?)にしますが、使用頻度によっては十分その価値はあると思います。

そんなわけで、次回は購入検討編です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください