• このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターを見てきた! ムトー MF-1100、MF-2200D編 どんどん新型が出て勢いがあるな!

今年も行ってきました、設計・製造ソリューション展(以下DMS展)。その中で地味ながら製品ラインナップを着実に増やしてるムトーから、また新製品が展示されていました。

2015-06-24 14.25.33

MF-1100は自社製ヘッドの改良版

2015-06-24 14.09.03
まずは次期主力機となりそうなMF-1100から。以前紹介したMF-1000の改良版だそうです。違いはヘッドが自社製ヘッドに変わったことと、LED照明が付いたとのことです。それ以外は見た目では一緒のようですね。

2015-06-24 14.09.12

ちなみにフィラメントは3mmが標準だそうです。ファンの付き方はこんな感じ。

2015-06-24 14.26.23

積層ピッチを変えたサンプルもおいてありました。サンプルの仕上がりはまぁ標準的かなと。

2015-06-24 14.10.06

2015-06-24 14.08.56 2015-06-24 14.12.02 2015-06-24 14.11.57

価格は237,600円(税込)と従来機のMF-1000より2万円ほどアップしています。そのためかしばらくは併売するようですね。

デュアルヘッドの大型機、MF-2200D

今回の目玉の新製品のMF-2200Dです。鋼板製と思われる筐体と色のためか、業務用感が強まりましたね。造形エリアは300mm x 300mm x 300mmとかなり大きめです。

2015-06-24 14.11.11

この機種も自社製デュアルヘッドなんですが、2本のフィラメントそれぞれが独立したヘッドで出力されます。下の写真では青のフィラメントを出力中で、左のオレンジのフィラメントは待機しています。

2015-06-24 14.11.28

この間は薄い金属製のシャッターがノズル先端を塞いでいて、材料がタレて来るのを防いでいます(写真ないけど)。これにより色を切り替えた際に、ひげのような余分なカスが造形物に付くのを防いでいるようです。

2015-06-24 14.11.33

また従来機と異なり、造形テーブルは上下動(Z軸)のみで、前後には動かなくなっています。価格は500,000円(税別)。造形サイズを考えると比較的お手頃な感じですね。

デュアルヘッドの小型機、MF-700D (参考出品)

こちらは参考出品なので価格等の詳細は分からなかったのですが、型番的にMF-1000よりも小型でデュアルヘッドな機種のようです。個人向けを狙ってるのかも。

2015-06-24 14.13.18

1

2015-06-24 14.13.26

光造形機も ML-48

さらに光造形方式のものもありました。ずいぶん色々機種が増えそうですね。自社製ヘッドの開発からしても、ムトーは次世代の事業として3Dプリンターに舵を切った感じがしました。

どの機種も正直見た目は地味だけど、国内メーカーで日本の商習慣もよくわかってるし、企業や学校に導入するのはいいかもしれませんね。ただレビューを調べると旧機種の完成度はもうひとつのようなので、実際に購入する場合はよく調べたほうがよいかと。

2015-06-24 14.13.09

過去のムトー製3Dプリンター紹介記事

 ・MF-1000

 ・MF-2000

 ・MF-500

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です