• このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターを見てきた! FLASHFORGE Dreamerは米Amazonでも高評価のブランド

実物はもちろん、ネットの記事でもあまり見かけないFLASHFORGEというブランドの3Dプリンター。そんなFLASHFORGEのDreamerという機種を、Maker Faire Tokyoというイベントで見かけたのでレポートします。

2015-08-01 16.23.58

FLASHFORGEとは?

FLASHFORGEは2011年創業の中国メーカーのブランドです。公式英語サイトだけでなく日本語の公式サイトもありますね。あまり話題になることは無いですが、現行4機種の3Dプリンターだけでなく、3Dスキャナーやフィラメントも多数扱ってるそうです。

公式サイトによると3Dプリンターは月産5,000台、フィラメントは月産20,000本出荷しているそうです。2013年に聞いたMakerbotの出荷台数は月産2,000台なので結構な量ですね!

最初にAmazonで見たのは、Creater ProというMakerbot Replicatorの互換機でした。

互換機なので安直にマネした(失礼)のかと思いきや、米国のAmazon.comのレビューを見てみると400以上もレビューがあるのに、4.5点と高評価。ほほう、これはなかなかいいものかもしれん。

スクリーンショット 2016-02-13 19.50.55

エントリーモデルのDreamer

そんなわけで前フリが長くなったけど、今回見たのは同社のエントリーモデルのDreamerです。デュアルヘッド、加熱式テーブルを装備で¥145,800とお手頃感ありますね。こちらのレビューも悪くない感じです。

本体はダヴィンチのようにプラスチック製で、右側にUSBケーブルやSDカードスロットがあります。
2015-08-01 16.24.40

フィラメントリールは内部に収納されるので、コンパクトに設置できそうですね。

2015-08-01 16.24.06

造形サイズはW230×D150×H140mmと大きめ。造形テーブルの調整は写真中央のネジ(と奥にあと2本あるはず)を回して行うようです。

2015-08-01 16.24.11

ヘッド部分は正面の2つファンの他に、左側にも造形物の冷却用ファンがついてます。ヘッドにファンが3つ付いてるのは珍しいかも。

2015-08-01 16.24.22

なんとカラー液晶タッチパネル付き! しかも日本語化されてるし。

2015-08-01 16.24.26

サンプルの写真はすんません、あまり撮れてない上に分かりにくい・・・

2015-08-01 16.25.00

頭の球面とかけっこうキレイに出てそうですね。材料はABSとPLAが用意されてます。

2015-08-01 16.25.03

部品の入手もネットで!

3Dプリンターを長く使ってると部品交換などが必要ですが、FLASHFORGEは公式オンラインショップで様々な部品が入手できるようです。これは頼りになりますねー。ウチのUltimakerの部品をいままさに代理店経由で頼んでるんだけど、もう2ヶ月経つんだぜ・・・

スクリーンショット 2016-02-13 21.32.52

そんなわけであまり見慣れないブランドだったけど、調べてみたらなかなか良さそうですね。価格も手頃だし今後は日本でもメジャーになるかも。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です