• このエントリーをはてなブックマークに追加

Bromptonのクランクボルトが締め付け不良で痛い目にあう

先日BromptonのBBを交換して見せびらかしたばっかりなのに、恥ずかしながら組み付け不良でトラブりました。きゃー!
2014-05-16 21.10.57

左クランクから異音

前回紹介したとおり、BromptonのBBをタンゲの物に交換してヒャッハー! ・・・と、出勤中のこと。左クランクからキシキシと金属音が出始めました。最初はBBが緩んでるのかと思いましたが、ほどなくして左クランクだけがぐらつきだしポロリと脱落してしまいました。アスファルトの上に1mおきに散らばるクランク、ボルト、キャップ、そしてバス待ちの人々の視線…
幸い部品は全部回収できたのと、駅近くだったので輪行して会社にたどり着けました。

帰路でも再トラブル

帰宅前に職場でボルトを締め直しましたが、やはりまた緩んでしまいました。

なんとか帰宅して見てみると、左クランクにダメージが…
四角穴が変形してしまってますね。緩んだのに気づかず踏み込んでしまったようです。だから締め直してもすぐ緩んだんでしょうね。

2014-05-18 21.27.25

相性ではなく締め付け不良?

ところで前回のBB交換の記事に書いたとおり、Brompton純正クランクとタンゲのBBはBB軸のテーパー角度が微妙に違います。ひょっとしてそのせいか?・・・とも思いましたが、右クランクは工具を使わないと抜けないほどしっかりはまってたのと、他のユーザーさんでクランク脱落の記事が見つからなかったので、単にボルトの締め付け不足のようです。つまり自分がマヌケだったってことで、ぐぬぬぬ・・・

余ってるクランクに交換

で、クランクどうしようかね? とりあえずこの左クランクは交換したほうが良さそうです。幸いBromptonの純正クランクは片方だけでバラ売りしてて、だいたい¥3,500くらい。

でもいくつかクランクが余ってるので、試しに使ってみることにしました。
まずは10年以上死蔵しているDOTEKのクランク。当時安い完成車によくついてました。試しに付けてみると純正クランクより少し外よりのようなので、フレームへの干渉はありません。ただ、このチェーンリングガードは野暮ったいな。
2014-05-18 13.24.242014-05-18 13.24.35

続いてはおそらく14年前に買ったDAHONについてたFSAのクランク。赤いフィキシングボルトを付けてますが、在庫がなかっただけです。こちらも特に干渉なし。この手のクランクへの交換が前提なら、BB軸長は110mmでもいいかも。
2014-05-18 13.49.55

よし、思い切ってアウター65Tじゃー・・・てのは冗談です。
2014-05-18 13.36.12

Bromptonの専用設計に再び出くわす

と、ここまでは順調だったんですが・・・左の折りたたみペダルを付けてみると、なんとクランク先端とペダルが干渉してペダルがたためないぞ!!
2014-05-19 21.09.26-2
どうやら純正クランクはペダルが干渉しないように、ペダル穴周辺の肉が少なくしてあるようです。こんなところでもまたBromptonのツメツメ設計に出くわすとは。クランク先端をゴリゴリ削ればいいのですが、とりあえずは余ってたペダルで様子見することにしました。

まとめ

というわけで、「純正で十分だから駆動系はいじらんでいい」とか言ってたのに、いつのまにかクランク交換することになってしまいました。しかも理由が自分の組付け不良で、恥ずかしい・・・・純正クランクとタンゲのBBは他ユーザーで実績がある組み合わせだけど、締め付けには注意してくださいね。(→お前に言われたくない)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です