• このエントリーをはてなブックマークに追加

竹フレーム自転車のエポキシ成形を準備するよ! Bamboobee 組み立て4回目

竹フレーム自転車 自作キットのBamboobee。今回は接合部を樹脂で固める準備をします!

前回までで竹を治具に固定して、エポキシ接着剤で仮止めするところまでやりました。今回はエポキシ樹脂を浸した麻ひもを、接合部にぐるぐる巻きにして固定していきます・・・と思ったけど、準備だけで終わっちゃった。

2015-06-22 15.01.01

エポキシ樹脂の購入

公式サイトではWEST SYSTEMのエポキシ樹脂が推奨されてますが、日本への発送は不可で国内で買うとかなり割高です。

でも無理して同じものを買う必要は無いですよね。私は何度か利用したことがあるFRP-zoneさんのこの樹脂を使いました。
同じ Bamboobeeのキットを購入されたy0myさんのブログでも樹脂の検討をされてますね。


Bamboobeeの取説(の冒頭)では1.5リットル必要だと書かれていますが、FRP-zoneさんの樹脂の難点は量が微妙なこと。1.47kgセットだとギリギリっぽくて4.9kgセットだと3台分以上ありそうです。

私は不足して作業中断するのがイヤなので4.9kgセットを買いましたが、1.47kgでも足りるかもしれません。だいたい取説の途中ではトータルで800gって書いてあるんだけど、ちょっとお前本気で言ってるのかっ。だったら1.47kgセットでも良かったかも…あと1台分はエポキシが残ってるから、もう一台組むかのー。(しれっと)

成形作業の準備

エポキシが服などに付くと洗っても落ちないので、作業場所と自身をしっかり保護しましょう。まずゴム手袋は必須。今回の樹脂はあまり匂いが無いですが、マスクとゴーグルは念のため装着しましょう。

樹脂の計量はキッチンスケールなどを使って正確に。ただし台所の物を拝借すると家庭に波風が立つので、作業用に安いのを買っておいた方が無難です。樹脂が垂れても処理しやすいように、トレイがシリコンや金属の物がオススメ。あとはボタン部分が汚れるので、ラップで巻いたりテキトーな保護シートを貼るといいです。

キット付属の麻ひもは取説での指定長さで事前に切断しておきます。ちなみにリアエンドはシートステイ側からチェーンステイ側に続けて巻くよう指定されてますが、個人的には別々に巻いた方がやりやすかったです。なのでリアエンド分は4本に切断しました。

あと白い綿かなにかと一緒になってるのがZAMBIKESなどと違うところ。

2015-06-22 11.20.55取説には麻ひもはの巻き方が詳細に書いてありましたが、なかなか理解しにくいですね。まずは麻ひもだけで練習してみるといいかもしれません。まぁ最終的にはノリでテキトーに巻くことにはなっちゃうんだけど。

2015-11-09 23.54.17▲詳細に巻き方が書いてあるけど、全く同じに巻くのは難しくね?

用意するもの、まとめ

というわけで成形作業で用意するもののまとめです。

[材料]
・エポキシ樹脂 目安は1.5kg

[保護具]
・ゴム手袋
・マスク
・ゴーグル(できれば)
・汚れてもいい服
・古新聞、ダンボール、ティッシュ、ウエスなど

[道具類]
・キッチンスケール
・割り箸 /樹脂を混ぜる用
・紙コップ /樹脂を混ぜる用

[キット付属]
・麻紐 (指定長さにカット)
・結束バンド /麻紐仮止め用

さて、次回こそ成形作業に入りますよ・・・入るかなぁ・・・


次の記事

竹フレーム自転車を今度こそエポキシ樹脂で成形するよ! Bamboobee 組み立て5回目
竹フレーム自転車 自作キットのBamboobee。今度こそ竹の接合部を麻紐と樹脂で固めていきます! 前回の記事はこちら。 ▲おおっ、ついに...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です