• このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナーズチェアのミニチュアを3Dプリンターで作ってみた

娘のシルバニアファミリーのための家具作りに忙しいパパとか、ウチの弟などのみなさん、こんにちは。

今日はイカした3Dデータ共有サイトと、ミニチュア家具の3Dプリントの紹介です。

CADデータ共有サイト ”GrabCAD”

3Dプリンターでとりあえず何か出力したいってなると、まずはネットで使えそうな3Dデータを探しますよね。有名なところではThingiverse、Ultimakerユーザー的にはYoumagineでしょうか。これらのサイトは3Dプリンターユーザーを対象にしているため、すぐに出力できるSTLという形式で3Dデータ配布しています。

で、今回紹介するのはGrabCADで、3D-CADユーザーを対象にしているのが特徴です。なんとCADの生データが入手できるんです。・・・え、別に興味ないすか。そうすか。

▲男子向けのデータが目白押しだぜ

CADデータが見られる! いじれる!

生のCADデータが入手できると何がいいかというと、データを好きなようにいじれるんです。冒頭のSTL形式のデータは、3D出力する以外に何も使えません。寸法の変更とかも無理。CADデータなら寸法もいじれるし、形も変えられます。
あとモデリングの勉強にもなりますね。クルマみたいな複雑なモノはどうすれば形にできるかとか。

家具のデータをダウンロードしてみた

全画面キャプチャ 20140115 183032

そんなわけで、試しに家具のミニチュアを出力してみることにしました。有名なPantone chairを探してみたら、たくさん出てきましたので仕事で使ってるCAD(Solidworks)用のデータをダウンロード。イスの幅が70mmほどになるように出力サイズを調整して、3Dプリンターに読み込ませました。

あ・・・ラーメンが出来てる・・・

どうやら実物大の家具のデータだったので、肉厚が薄くなりすぎてうまく形にできなかったようです。と、ここでCADデータの利点を活かして、肉厚を出来るだけ増やしてみました。失敗データでは0.5mm厚くらいしかなかったところを、1.2mmほどに修正しました。
ちなみにGrabCADではSTLもたくさん公開されてますが、3Dプリント用ではなく実物大データのため出力するときは注意してください。

で、出来上がったのはこれ。樹脂の在庫がなかったのでシルバーになりましたが、赤とかポップな色のが良さそうですね。

DSCF5047

サイズはこの子に合わせました。

DSCF5048

最初からミニチュア用のデータもあったぞ

GrabCADをあさってたら、こんなミニチュア家具セットもありました。シルバニアファミリーにはまってる娘さんをお持ちの方も安心ですね。ウチの弟とか。また何か面白いデータがあったら紹介しますわ。
Miniature furniture

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です