• このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターを見てきた! ダヴィンチJr. 1.0 はかなり安いけどどんなもんか?

10万円を切る低価格な3Dプリンターとして話題になった、ダヴィンチシリーズをいくつか紹介してきました。今回は同シリーズで最安のモデル「ダヴィンチJr. 1.0」を見てきたのでレポートします。

2015-08-01 16.22.16

ダヴィンチJr. 1.0 概要

2015-08-01 16.22.37

以前の記事でも紹介したとおり、ダヴィンチシリーズは台湾の XYZプリンティング製です。日本法人もあり海外製としては比較的安心して買えるということで人気があるようですね。今回紹介するJr. 1.0は完成品にもかかわらず5万を切る価格で、ちょっとした話題になりました。Amazonでの価格なんて4万切ってるぜ・・・マジかよ。

エントリーモデルということで、従来機種サイズも小型化し材料もPLAのみになりました。逆にSDカードスロットが追加されて、用途が合うなら使いやすくなってるかもしれません。それでは順に見ていきますかのう。

3Dプリンター仕様表_xlsx_pdf

価格を感じさせない外観

従来機種同様に外装が樹脂製で内部照明もあるし、あまり安っぽい感じはしないかも。

2015-08-01 16.22.46

液晶もカタカナになってますね。造形サイズは150x150x150mmです。PLA専用なのでビルドプレートは加熱式ではありません。

2015-08-01 16.22.59

フィラメントはオープンリールタイプで、専用カートリッジを使う他機種とは違いますね。ということはもしかしたらフィラメントは色々使えるのかも。 (確認できず)

2015-08-01 16.22.51

ビルドプレートの高さ調整などキャリブレーションが不要な事を売りにしていますが、Amazonのレビューを見ると調整無用というわけでは無さそう。工場出荷状態ではノズルとビルドプレートの距離が近いので、設定をいじる場合があるようです。

2015-08-01 16.23.04

内部は他のモデルよりも部品が丸出しな感じですね。フレームも汎用のアルミフレームのようだし、かなりコスト削ってる感じがします。

2015-08-01 16.23.09

出力結果は価格相応か?

ということで出力サンプルはこんな感じ。あまり写真撮ってないけど。どのくらい調整したものかは分かりませんが、他のダヴィンチシリーズと比べてもちょっと表面が荒れてるかな?

2015-08-01 16.23.29

このアングルだとそれほど悪い感じはしないけど。

2015-08-01 16.23.33

全般的にやはり値段なりかなと言う気はするけど、実売4万以下である程度動きそうな3Dプリンターが手に入るとは。あまり細かい造形はせず、とにかく3Dプリンターを使ってみたい方にはいいかも。ただし、キャリブレーションの件はよく調べてから買ったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です