• このエントリーをはてなブックマークに追加

Bromptonのフレームに内蔵するツールケースを、3Dプリンターで作ってみた

2014-03-25 08.16.25
ブロンプトンは出来るだけ身軽に乗りたいよね、そう、手ぶらでね!…の第二弾。携帯工具をフレームに収納できるホルダーを作りました。

と言っても純正品のマネなんだが

Bromptonのフレームに何か収納しちゃおうって文化は加茂屋さんの輪行カバーで知ったんですが、純正品でもBrompton toolkit という工具セットがリリースされましたね。フレーム中央の折りたたみ部分からフレームのパイプ内に収納できるようにしたものです。これさえあればBromptonのツーリングでも安心なスグレモノですが、9,000円弱と結構なお値段ですねー。流通量も少なめなようです。ここまでのモノはちょっと・・・と言った感じなので、手持ちの携帯工具がエエカンジに収納できるホルダーを3Dプリントしてみました。

まずは試しに最大サイズ

2013-12-30 22.14.40
まずはフレームの寸法を測ります。パイプの外径は結構太いんですけど、折りたたみ部の金具のおかげでそこまでは大きい物は入れられません。あ、でも以前はここに予備チューブ入れてました。

で、最初に作ったのは、このスペースをいっぱいまで使えるケース。携帯工具だけでなくタイヤレバーとかイージーパッチとか入んねえかと。ところが作ってみたら手持ちの携帯工具以外何も入りゃしねぇ・・・。だったらってことで、携帯工具がちょうど収まるホルダーに割りきりました。
2013-11-15 09.47.12

手持ちの携帯工具って言ってもさ・・・

2014-03-25 08.17.20
今回入れようとしたのは10年以上前に買った、サイクルベースあさひブランドのマルチツール。アーレンキー一式とナイフが付いてます。ホントは一般的に売れてる工具にしてデータ公開したいんだけど、とりあえず今回はこれ。ほら、余ってるから。

あと、一般的に売れてる鉄板商品って意外とないみたいですね。各ブランドからも出てるから、ここに入りそうな製品だけでも十数種ありそう。気が向いたら定番ブランドの工具に合わせたのを作るかも。31 x 19  x 100mm位なら入ると思う。
↓ホントはこれが好きなんだけど、デカすぎて入らない・・・

2014-03-25 08.16.34

で、出来たのがこれ。この工具専用で作ったのでぴったりですよ! 一部造形にミスってるところがありますが、そこは心のモザイク発動! どうせABS樹脂が出力できるようになったら作り直すので、しばらくはこれで使います。

逆さにしても抜けないぞ

というわけで、こんなかんじでフレームにズコッ!!とささります。

2014-03-25 08.16.25

輪行でころころ転がしても脱落しないように、ロック部分がフレームに引っかかるようになってます。

2014-03-25_08_16_41-2

で、引き出すときは爪の部分を摘むとロックが外れると。
2014-03-25 08.15.44

収納状態。グリーンで成形しちゃったからわかりにくいけどね。

2014-03-25 08.15.25

出力条件:
Ultimaker (Original)
Cura 14.1?
Support structure / No

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です