• このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダでの通信用SIMの入手方法と、スマホのオススメの通信設定

いやー、海外旅行先でもネットが使えるって本当に便利ですよね。先日もオランダで旅行した時はGoogle mapでナビさせたり、食事処を検索したりと国内同様に便利に使いました。今回はオランダ・スキポール空港空港で入手できるおすすめのSIMカードと、スマホ設定の注意点を紹介します。

海外でのスマホの通信方法

海外での通信方法はいろいろありますが、今回はSIMフリースマートフォンに、現地対応のSIMカードを入れて使う方法です。他にもドコモやauの海外ローミングを使う(約3,000円/日)、海外用Wifiルーターをレンタルする(¥1,000前後/日)などがあります。でもSIMフリースマホがあれば、現地用SIMをゲットするのが安上がりです。

スキポール空港でSIMが買えるのはここだ!

結論から言うとSIMを現地調達するならスキポール空港で税関を出てすぐの、このLebaraというキャリアのスタンドでSIMをゲットするのがおすすめです。(2016年5月時点)

場所はスキポール空港公式サイトのAirport mapでいうとこの辺です。写真を忘れましたが、青い看板が目印。

スタンド周辺に立ってるスタッフを捕まえて、”I’d like to get a SIM”とか”SIM, please”とかテキトーに英語で話しかければたぶん大丈夫です。彼らと僕らの間でやる事はたったひとつだから。

プランはいくつかあるので、自分のスケジュールにあったのを選んでください。我が家はデータ1GBで20ユーロのものを夫婦で1枚づつにしました。

スマホの設定の注意点。 間違えてて認証失敗した!

支払いを済ませると(ウチは現金)、スマホを渡せばスタッフが通信設定と動作確認をやってくれます。
ここでスマホの言語設定を英語にしておくと、彼らが設定しやすいはずです。特に問題なければ英語に設定しておくといいかも。

そしてここで大事な通信設定! 優先ネットワークタイプがLTEのみとかになってる方は、必ずGSM/WCDMA(自動)とか自動のものに設定しておきましょう。オランダ国内は私が訪問した時点でLTE網は整備されておらず、LTE onlyにしているとエラーになって通信できません。

設定方法はまず「設定(Setting)」-「(More)」-「(Mobile networks)」-「(Preferred network type)」(自動)または(Preferred)

私のXperiaはLTE onlyだったかにしてたので、ここでハマってしまいました。スタッフのお兄さんが何度も再起動したり、SIMを交換しても通信できませんでした。そりゃそうだ。いったんはSIM購入をあきらめたのですが、ふと気付いて設定をGSM/WCDMA(自動)に変更したらあっさり繋がりました。

普段MVNOとかでLTEのみのSIMを使ってる方は気をつけましょう。

使い勝手も問題なし

3GってことでLTEほど通信は早くないのですが、旅先でナビしたり調べ物したり、SNSに投稿するくらいなら全然問題ないです。旅の間に接続エラーや圏外もなかったし、一週間の旅で1GBでも十分たりました。

それ以外のSIM入手方法は?

スキポール空港では他にも家電店やケータイショップで他のキャリアのSIMが購入できるようです。でもちょっと敷居が高そう。

また街中ではHEMA(ヘマ)やAlbert Heijn(アルバート・ハイン)などのコンビニ・スーパーでもSIMが売ってました。ただこれは旅行者向けではないかもしれないので、オランダ語しか書いてないかも。あくまで非常用ってことで。

日本のAmazonでも売ってる!

海外で使えるSIMって、最近はAmazonでも各国のものが手軽に入手できます。でもオランダ専用ってのはないんですよね。ヨーロッパを周遊する方向けに各国共通で使えるSIMが売ってますが、ちょっと割高です。

[追記] 最近はヨーロッパなど様々な国で使えるデータ専用SIMが、日本のAmazonでも売ってるようです。旅行時にはなかったかも。料金も¥3,000前後と手頃なので、次回はこれでもいいかも。

というわけで、SIMを現地調達したい方は、空港で青いLebaraの看板を探してみてください。では良い旅を!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です