• このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dスキャナーsenseがレンタルできるので借りてみた!

2014-06-14 08.55.16-2

いろいろ遊べそうだけど、買うのはまだ勇気がいる3Dスキャナー。でもネットで簡単にレンタルできるんですよ、これが!

ブツはあのSenseだ!

以前3D SystemsのSenseというパーソナル3Dスキャナーを記事にしましたが、アレがレンタルできるんですよ。

DMMいろいろレンタル 〜3Dスキャナー Sense センス

sense1

そうDVDなんかのレンタルで有名なDMMです。家電やAV機器をレンタルする「いろいろレンタル」というサービスも展開していて、その中にSenseもラインナップされました。

ちなみに家電のレンタルではレンタル後に買い取りもできるので、試しに使う方も多いみたいです。例えばルンバが欲しいけど、猫が怖がるかもしれないから試しに借りるとか実際にあるらしい。残念ながらsenseは買い取りは現在出来ないようです。

3Dプリンターが無くても大丈夫

senseはwindows PCかMacがあればスキャンしてデータの修正・保存ができるので、必ずしも3Dプリンターを持ってる必要はありません。例えば同じDMMでも出力サービスがありますしね。cubify.com(メーカーサイト)で3Dデータの閲覧・公開もできます。
ちなみに下記は私がスキャンしたサンプルデータです。
MeshLab_64bit 20140616 121544

長く借りるほど割安

senseの商品ページ右上の料金表を見ると3通りの日数が出ていますが、実際は好きな日数で借りられます。私は11日間で予約して4,460円(1日あたり405円)でした。配達される日が1日目で、最終日の17時までに運送業者(今回は佐川急便)に引き渡すこととなっています。送料は無料でした。あと予約日の2〜3日前に発送されるのですが、その時が課金のタイミングです。

2日: 1,980円 (1日あたり990円)
10日: 4,210円 (1日あたり421円)
30日: 5,690円 (1日あたり190円)
延滞: 990円 (1日あたり)

在庫は複数台あるらしい

料金表の下にカレンダーがあり、予約可能な日が調べられます。で、自分が予約した後も同日が予約可能だったので、在庫は複数台あるようですね。
MeshLab_64bit 20140616 121217

会員登録と予約方法

最後に予約方法を簡単に説明しておきます。

まずsenseの商品画面の左上に新規登録ボタンがあるので、そこをクリックしてアカウントを作ります。(詳細は割愛)
sense1

アカウントを作成後にsenseの商品ページに戻り、右上の「レンタル予約」をクリックすると具体的に借りる日を入力できます。前述の通り配達日と返却可能日(17時までに運送業者(佐川)に引き渡せる日)をよく考えて、予約日を設定しましょう。
sense2MeshLab_64bit 20140616 121909

というわけで、ブツが届いたので実際にスキャンしたレポートは明日以降に!

2014-06-13 23.54.57

次の記事↓

3DスキャナーSenseのセットアップ方法
さあ、借り物のsenseが届いたぞ! 3Dスキャンするぞ!・・・と思っても、まずはいくつかの設定が必要なのさ~。前回の記事はこちら。 ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. キューブ 太郎 より:

    8月2日cubifyでcube3がBUY NOW になっていましたが、すぐに来ると思いますか?
    ABSを本体PLAをサポートで後で取り外せると思いますか?

  2. utsuki より:

    Cubfyで買い物した事ないんで分からんですね。

    サポート材の件は、そもそも専用ソフトで「サポートはこっちの材料で」って指定できないとダメだと思います。 Cube3でそういう使い方ができるかどうかは分かりません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です