• このエントリーをはてなブックマークに追加

リカンベントの壊れた部品を3Dプリンターで再生したよ!

2015-03-12 08.06.42

みなさん、リカンベント乗ってますかー。・・・乗ってないすか。ウチの子はしばらく乗ってなかったら、いつの間にか樹脂部品が割れてるじゃないか。せっかく3Dプリンターがあるので、代替部品を作ってみました。

アイドラーが割れてる…

2015-03-11 14.37.28

こちらが9年位前から乗ってるリカンベントのVolae(ボレー)です。一時期は毎日往復45kmの通勤で、週に230kmほど乗ることもありました。そんなに乗ってた時期もあったよね…

久々に乗ろうとバイクラックから取り出そうとすると…

2015-03-12 08.06.42

アイドラーに亀裂がっ。まぁ、近所走るくらいなら大丈夫かなと思ったら・・・

2015-03-22 18.39.14

パリンと割れてしまいましたよ。こっぱみじんこですよ。マジスカ。

これ、ありがたい事に米国のHostel Shoppeから部品単体で取り寄せ出来るんですけど、出来るんですけど・・・・あれ? いつの間にか米国以外への発送が無くなってるような? あとで問い合わせるとして、やはり自分で作りますか。

たまにはデータを作る手順でも載せてみます。まずパーツの残骸から採寸してモデリングします。断面を半分描いて回転します。

2015-03-13_09h32_32

回転して出来た形状をミラーコピーします。

2015-03-13_09h33_04

真ん中にベアリングのための穴を開けます。

2015-03-13_09h35_44

ただの穴だとベアリングとのスキマ調整が難しいので、内側に突起を6つ付けてみました。2015-03-13_09h39_23

チェーンと当たる外径の凹んだ面は、純正パーツだとただの円筒ですね。今回はチェーンの形に合わせて凹ましたバージョンも作ってみました。チェーンが滑るのを防ぐ目的だけど、効果はどうかな?

2015-03-13_19h25_01

チェーンの規格寸法はこのへんに載ってます。10速用とか11速用はこの規格表とチェーン幅が異なりますが、今回はピッチやローラー外径がわかればいいので大丈夫。このくらいの3Dデータだったら5分とか10分とかそんなもんです。

2015-03-22 18.36.46

というわけで、出力過程は撮影してなかったので、いきなり完成品でスマン。材質はABS樹脂です。ぎっちり樹脂を詰めて造形時間は2ケで90分くらいだったかな? スピード重視で荒く出してるので早めです。

サポート部分を切り離したところで、左が溝付き、右が純正と同形状です。

2015-03-22 18.56.47

ベアリングを入れる部分はこんな感じ。

2015-03-22 18.57.02

ベアリングを入れてみましたが、手では奥まで入りません。

2015-03-22 18.57.57

写真多いな、今日の記事。んで、テキトーな工具をかましてバイスで圧入します。

2015-03-22 18.59.25

店長、ベアリング入りまーす

2015-03-22 19.00.08

取り付け用のボルトに組み付けたよ!

2015-03-22 19.05.02

で、車体に戻してみました。

2015-03-22 21.18.57

チェーンをかけるとこんな感じ。

2015-03-22 21.21.28

手で回してみたところ、溝のピッチが完全に合ってないのか、あるいは構造上チェーンが斜めに当たるためか、ときどきカツッとチェーンが滑る音が聞こえますね。走ったらどうだろう。

とりあえず直ったようなので、今度試走してみますわ〜。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 作ってみました。 アイドラーが割れてる…うっきーのヤスリがけ日記 3Dプリンター(Ultimaker, idbox!)、自転車(Brompton, BikeFriday, リカンベント)、英会話など。今日も何か作…[続きを読む] […]

  2. […] リカンベントの壊れた部品を3Dプリンターで再生したよ! – うっきーのヤスリがけ日記 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です